マジョリカ実験ブログ
富山 塾 小学生
2018.02.23 (Fri)
5年生の授業

振り子はつまんない?

富山 塾 小学生

昨日から、振り子の学習に入りました。

私は意気込んで麻ひもと5円玉を用意し、紐を結びました。そして、もったいぶって5円玉を持ち上げ、ぱっと手を離したのです。

子どもたちは、ふにゃふにゃの紐がピンと伸びて、規則正しいうごきをすることに目を奪われるはずでした。

ところが、子どもたちは、机に突っ伏して、横目でちらりと振り子を見たら、さっと目をそらしたのです。

あれ?どうしたことだ。今までの経験では、子どもたちは紐の様子の違いから、なぜこのような動きが起こるのかと、5円玉以外のものをつり下げて、同じような動きが起こるかを試してみようとします。対象を理解する段階です。

ところが、「みんなどうですか?」と問いかけると、

「別に」とか、「つまらん」「重さで動くんでしょ」とそっけない返事が返ってきます。「どこがつまらんの?」と尋ねると、「電磁石と比べて、つまらない」「面白くない」「動きが単純」というのです。

確かにそうです。突然振り子を見せられても、生活や今までの学習とのつながりがなく、おまけに動きも単純なので、好奇心を刺激する力は弱かったのです。

逆に、昨年までの振り子に好奇心いっぱいだった子どもたちと、今年の5年生とはどこが違うのか、知りたくなりました。

振り子については、どの子どもも小学校での授業はまだしていません。

指導者は、子どもが「自ら学ぶ」姿を常に研究していかなければならないと、再認識した日でした。

 

2019.12.12
3年生の授業

感覚とデータ その1

白衣アップ
2019.12.04
学習環境 全般

白衣で科学者気分UP!

IMG_6272
2019.09.17
3年生の授業

今年度の授業から 3年生の今