マジョリカ実験ブログ
富山 塾 小学生
富山 塾 小学生

3年生は、「植物」とはどういうものかというイメージ(概念)を作る学年です。

また、昆虫や虫(小さな生き物)から動物についてのイメージも作り上げていきます。

そして、今後続く「生き物とはどんなものか」という学びのスタートを切るのです。

3年生の始めの授業は、MJS.の花壇、雑木林、畑、バラ園、近くの土手、空き地な度を散策します。花の名前、食べられる植物、蜜を吸える植物などの情報を伝えていきます。

この活動の過程で、必ず「ヨモギ団子を作りたい ! 」と子どもたちは言い出します。

そこで、ヨモギ団子を作る活動に入ります。

キクやシュンギクなど似ている植物とヨモギを見分けたり、群生している場所を見付けたり、1週間で目覚ましく成長する植物の力に驚いたりします。

ヨモギ団子を作るには、自分ん力ですべてを行うようにします。手順を理解し、注意を守り、仲間と情報交換するなど触覚で柔らかさを確認し、自己責任をとって味わうためです。

学びの基本要素がすべて詰まっている活動です。

何より、自然から自分の疑問、やりたいことを見つけ、それを行うという問題解決の思考過程を行うことができるのです。

そして、学びは楽しいという経験を積み重ねていきます。ヨモギ団子作り

今年度は、すでに3年生の定員は達しておりますが、来年度の3年生ご入学を検討されている方の、参考になればと思います。

IMG_6272
2019.09.17
3年生の授業

今年度の授業から 3年生の今

IMG_6056
2019.02.05
6年生の授業

「てこの働き」で獲得する概念

IMG_5560
2019.01.25
5年生の授業

結実実験は「ほっこり姫」で