マジョリカ実験ブログ
富山 塾 小学生
2019.12.04 (Wed)
学習環境 全般

白衣で科学者気分UP!

富山 塾 小学生

白衣アップ

2学期末になって、4年生以上の学年は、主に室内で学習するようになってきます。4年生は物の体積変化に伴う力(力、熱)5年生は物(固体)の水への溶け方、6年生は物(気体)の溶け方、そして水溶液の性質(酸性中性アルカリ性)などです。この時、加熱したり薬品を使ったりするので、白衣を着用することにしています。

なかなか子どもに合うサイズが無いので、4年生は割烹着を着ます。しかし、5,6年生には、白衣を用意しています。一人一人が自分用の白衣を決めて、着用します。自分のものが分かりやすいように、胸にフクロウのアップリケワッペンをつけてあります。

井伏鱒二の小説「形」ではありませんが、白衣を着た子どもたちは、いつもより落ち着いて思考活動に集中できます。参観のお母さんが「子どものの顔つきが、変わりました。」とおっしゃっていました

袖口の紐をゴムに変えたりワッペンを注文して貼りつけたりなど、手間はかかりますが、やはり白衣も立派な授業を支える環境だと考えています。

5年 食塩の粒を解剖顕微鏡で観察後、水を一滴加え、食塩の様子を観察

2019.12.12
3年生の授業

感覚とデータ その1

IMG_6272
2019.09.17
3年生の授業

今年度の授業から 3年生の今