マジョリカ実験ブログ
富山 塾 小学生
2014.07.16 (Wed)
5年生の授業

メダカの卵 2回目の観察

富山 塾 小学生

水曜日の観察から2日後、養分はどうなっているか、メダカはどのように変わっているか、などを確かめる観察をしました。

もっと、細かく観察するために、双眼実態顕微鏡を使いました。

子どもたちは、手慣れた様子で準備し、観察を始めました。

無言で、顕微鏡をのぞいています。いつもは賑やかなおしゃべりが聞こえるのですが、こんなに静かなのは初めてでした。見学していらっしゃったお母さん方も、びっくり。

そして、「動いている。すごい。」と心臓が鼓動する様子に、感動し「うにゅっ、うにゅってなっている。」と絞り出すような動きに命の営みを見つけたのです。

また、気になっていた養分(たぶん色がついている部分)が「前より小さくなっている。」「量が少なくなってきた。」と養分だと確信し、メダカが育つために使われたと成長と養分についての見方が明確になっていきました。

140714_1826_003 (2)

このメダカの卵の観察経験は、人の体の心臓など循環器のイメージつくりにつながります。生命観の形成にも大いに影響を与えるものです。

3回目の観察でそれがはっきりします。続きは、後ほど。

 

2019.12.12
3年生の授業

感覚とデータ その1

白衣アップ
2019.12.04
学習環境 全般

白衣で科学者気分UP!